2016.11.15

仏代表負傷離脱のグリーズマン、経過は良好 ダービー出場の可能性も

グリーズマン
ケガの具合が心配されるFWグリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは14日、クラブ公式HPを通じてフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのコンディションについて伝えた。

 11日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のスウェーデン代表戦に先発出場したグリーズマンは、試合中に左足を負傷。15日に行われるコートジボワール代表との国際親善試合には出場できないと判断され、代表チーム離脱が決定した。

 クラブ公式HPによると、グリーズマンは14日にメディカルチェックを受けた模様。その結果、左足の血腫による外傷性損傷と診断され、現在のところ経過は良好であるという。今後は理学療法などを通じてリハビリを行う予定が立てられている。

 重いケガではないことが判明したグリーズマン。クラブはインターナショナル・マッチ・ウィーク明けの19日にレアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”を控えている。14日付のスペイン紙『マルカ』などによると同選手は、「深刻なことは何もない」と発言しており、今後の回復具合に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る