FOLLOW US

1試合平均、驚異の2.87得点! バルサ、現監督下で通算400発に王手

6日のセビージャ戦はメッシとスアレスのゴールで勝利を収めた [写真]=Getty Images

 バルセロナが、ルイス・エンリケ監督就任後の通算得点数を「399」とし、400ゴール到達に王手をかけている。クラブの公式HPが伝えた。

 2014年夏からチームを率いているL・エンリケ監督の下、バルセロナは公式戦139試合を戦った。通算得点数は「399」で、1試合平均では「2.87」ゴールとハイペースで得点を記録している。

 399ゴールは22選手によって記録されているが、大半は前線のトリオによるものだ。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールによる“MSN”は合計286ゴールを記録。チーム全体の71.7パーセントにあたる得点を3人でたたき出している。内訳はメッシが115ゴール、スアレスが95ゴール、ネイマールが76ゴールだ。

 バルセロナの次戦は19日、リーガ・エスパニョーラ第12節のマラガ戦だ。節目の「400」ゴール目を決めるのはどの選手だろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA