2016.11.10

バロテッリがバロンドールに言及「自分ならスアレスにトロフィーを渡す」

バロテッリ スアレス
バロテッリ(左)はスアレス(右)がバロンドールにふさわしいと主張している [写真]=Icon Sport via Getty Images,NurPhoto via Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 FIFA(国際サッカー連盟)との共催から『France Football』誌による単独表彰に戻ったことが話題を呼んでいるバロンドール。

 とはいえ、2年振り3度目の受賞を狙うレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが優位に立ち、2年連続6度目の受賞が懸かるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが追うという、過去9年に渡りタイトルを独占してきた2大スターによる争いが今年も繰り広げられると目されている。そんな中、歯に衣着せぬ発言が特徴のイタリア人FWマリオ・バロテッリが、毎年恒例となっているこの展開に意を唱えた。

 今シーズン加入したニースでは、公式戦9試合で7ゴールと復活を遂げているバロテッリ。かつては「自分より上なのはメッシだけ」と自信満々に発言したこともある26歳のストライカーは、フランスのテレビ局『TF1』のインタビューで、メッシのバルセロナのチームメイトであるウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、今年のバロンドールを受賞すべきとの持論を述べた。

「C・ロナウド、メッシ、スアレスのうち誰かがバロンドールを取るだろう。だが、正直に言わせて貰うと、自分ならスアレスにトロフィーを渡すよ」

 昨シーズンはレアル・マドリードでのチャンピオンズリーグ(CL)にポルトガル代表でのユーロ2016と、ダブルでヨーロッパ王者に輝いたC・ロナウドが、受賞最有力となるのは妥当なところ。しかし、シーズンを通じたパフォーマンスが最も反映されるリーグ戦を制したバルセロナで、公式戦49試合41ゴールのメッシを上回る53試合59ゴールを記録したスアレスが、誰よりもバロンドールに相応しいとのバロテッリの見解は、本人のキャラクターをよそに意外なほど客観的とも言えるだろう。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る