2016.11.10

フランス代表、コマンとユムティティが左足負傷…離脱の判断は検査次第か

負傷が発表されたコマン(左)とユムティティ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランスサッカー連盟(FFF)は9日、バルセロナに所属するDFサミュエル・ユムティティとバイエルンに所属するFWキングスレイ・コマンが負傷したことを発表した。

 FFFの発表によると、ユムティティは9日のトレーニング中に左ハムストリングを負傷。代役として、バレンシアに所属するDFエリアカン・マンガラを追加招集したことも併せて発表している。

 また、コマンに関しては左足首を痛めたと報告。10日に検査を受ける予定だという。

 スペイン紙『マルカ』によると、ユムティティのケガは重傷ではないと見られている。11日のスウェーデン代表戦には欠場の見込みだが、フランス代表からはしばらく離脱せず、さらなる検査を受けてから判断をするようだ。

 フランスは11日にW杯欧州予選でスウェーデン代表と、15日には国際親善試合でコートジボワール代表と、それぞれホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る