2016.11.01

バルサ、新戦力候補は“悪童”DF? パリSGの23歳オーリエと接触済か

オーリエ
バルサからの関心を報じられたオーリエ [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、パリ・サンジェルマンに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの獲得を狙っているようだ。フランスメディア『INFOSPORT+』の報道を引用し、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が10月31日に報じている。

 報道によると、バルセロナはすでにオーリエ側と接触している模様。補強候補の一人に挙げられているようで、今冬ではなく来夏の移籍市場での獲得を狙っているようだ。

 オーリエは現在23歳。2014年夏からパリ・サンジェルマンでプレーしているが、ピッチ外でのトラブルで話題となっている。今年2月13日に行われたリーグ・アン第26節リール戦でベンチスタートとなり、出番なく試合を終えた後には動画共有サービス「ペリスコープ」上で侮辱的な発言。ローラン・ブラン監督(当時)と元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(現マンチェスター・U)について「ホモ」などとコメントし、約2カ月の謹慎処分を科された。また今年5月末にはパリのナイトクラブの外で警察官とトラブルになり、暴行容疑で逮捕されたとも報じられている。

 ただ一方で、相手選手の命を救った試合もあった。コートジボワール代表の一員として臨んだ2018 FIFAワールドカップ ロシア アフリカ最終予選のマリ代表戦。オーリエは競り合いの後に失神して倒れ込んだMFムサ・ドゥンビアに駆け寄り、同選手が舌を飲み込んで窒息することを防ぐ応急処置を行った。まもなく医療チームが駆け付け、ドゥンビアは意識を取り戻した。

 様々な話題に事欠かさないオーリエ。バルセロナへの移籍は実現するだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る