2016.11.01

レアルDFペペ、左足負傷で約1カ月の離脱か ダービー&クラシコ出場に暗雲

左足大腿二頭筋の負傷が発表されたDFペペ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは10月31日、同クラブのポルトガル代表DFペペの負傷状況について発表した。

 ペペは10月29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節アラベス戦に先発出場したが、左足のハムストリングを痛めて24分に途中交代。クラブは、複数の検査を行った結果、左足大腿二頭筋の負傷と診断されたと発表している。

 レアル・マドリードは詳細な離脱期間などを示していないが、スペイン紙『アス』によると全治4~6週間程度と見込まれるという。

 これにより、11月19日に行われるリーガ・エスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”を同選手が欠場することは濃厚。さらには、12月3日に行われる第14節、バルセロナとの“エル・クラシコ”への出場も危ぶまれることになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る