2016.10.31

ベイルと契約延長のレアル、ペペとイスコの去就は? 地元紙が展望

ペペ、イスコ
去就に注目が集まるペペとイスコ(左から) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 30日にウェールズ代表FWギャレス・ベイルとの契約延長合意を発表したレアル・マドリード。新契約の具体的な内容は明かされていないが、高額の年俸と移籍金が設定されているものと見られる。

 次なる関心は、ポルトガル代表DFペペとスペイン代表MFイスコの去就となるようだ。スペイン紙『アス』が31日に報じている。

 同紙は「ペペとイスコとの契約延長は宙に浮いたまま」と見出しを掲げ、両選手の去就が不透明であると報道。34歳のペペについては、選手自身は契約延長を望んでいることを明らかにしているものの、レアル・マドリード側の態度が決まっていないと伝えられている。同選手は来年1月1日から他クラブと自由に交渉できるようになるため、今後は移籍報道が活発化する可能性もある。

 そしてイスコについては、より多くの出場機会を得られるクラブへの移籍を検討していると伝えられた。同選手はリーガ・エスパニョーラ第10節終了時点で7試合に出場しているものの、先発出場は4試合のみ。同紙は「今のシステムでは(イスコの)ポジションはない」と伝えている。

 レアル・マドリードは今シーズンに入ってから、すでに4選手との契約延長を成立させた。ドイツ代表MFトニ・クロースとクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、スペイン代表FWルーカス・バスケスが新契約にサインを行い、ベイルが4人目となる。ペペやイスコは“5人目”として続くことになるのか。今後の動向に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る