2016.10.30

バルサ、昨季得点王のスアレスと新契約締結へ 2021年まで延長か

スアレス
29日、欧州リーグ最多得点者に送られるゴールデンシューを掲げるスアレス [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、クラブとの契約を延長する見込みだ。29日付けのスペイン紙『アス』が報じている。

 2018-19シーズンで契約が切れるバルセロナとスアレスだが、同紙によればクラブは間もなく同選手との契約を2021年6月まで延長し、正式発表する見込みだ。同選手はバルセロナにおいてキープレイヤーの1人となっており、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマールと結成する3トップ“MSN”の一角としてクラブの将来における重要なパートとみなされている。

 リヴァプール時代にイングランド代表FWダニエル・スタリッジとのコンビで一世を風靡したスアレスは2014年にバルセロナへ加入し、これまでにリーガ・エスパニョーラ72試合で63ゴールを挙げるなど、驚異的な得点力を見せつけている。昨シーズンはリーグ35試合40ゴールで得点王を獲得し、欧州リーグ最多得点者に送られるゴールデンシューも獲得した。

 今シーズンもここまで公式戦14試合に出場し10ゴールをマークしているスアレス。29日のグラナダ戦では不発に終わったが、チームはブラジル代表MFラフィーニャのバイシクルシュートが決まって1-0とし、なんとか勝利を収めた。次戦は11月1日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でマンチェスター・Cと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る