2016.10.30

バルサ、苦戦も3連勝で首位レアルを追走 ラフィーニャが値千金の決勝弾

ラフィーニャ
貴重な先制点を挙げたラフィーニャ(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第10節が29日に行われ、バルセロナグラナダが対戦した。



 首位レアル・マドリードを2ポイント差で追いかけるバルセロナにとっては、ホームで勝ち点3獲得が必須となる一戦。対するグラナダは今シーズン未だ白星がなく、敵地で金星を狙う。この日はスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツがベンチスタート。3トップはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールが並んだ。

 序盤からチャンスを作ったのはバルセロナ。7分、左サイドを突破したネイマールが敵陣深くまでえぐって折り返しのボールを入れる。これを走り込んだリオネル・メッシが合わせたが、シュートは相手DFにブロックされてしまった。続く13分、中盤の底に入ったイヴァン・ラキティッチが前線にロングパスを送ると、ネイマールがGKと一対一になったが、ここはGKギジェルモ・オチョアが飛び出してセーブした。

 バルセロナは21分、右サイドでボールを持ったメッシが相手DFとの間合いを見て左足で浮き球を送る。反応したスアレスがジャンピングボレーで合わせたが、ここはGKオチョアが弾き出した。

 28分にはスアレスが相手DFの裏に抜け出してGKと一対一となったが、GKをかわしに行ったところで、戻ってきたDFに防がれてしまう。その後もバルセロナがボールを支配し続けたが、先制点を奪うことなくハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がりの49分、ようやく均衡が崩れる。右サイドのメッシがエリア内にパスを入れると、ラフィーニャを経由してネイマールが右足シュート。ここは左ポストを直撃したが、こぼれ球が浮き上がったところをラフィーニャがバイシクルシュートで決め、バルセロナが先制に成功した。

 その後も攻め込むバルセロナ。63分、右サイドを駆け上がったセルジ・ロベルトが早めにクロスを入れる。ファーサイドでフリーになっていたネイマールにシュートチャンスが訪れたが、ここはGKオチョアに防がれてしまい、追加点を挙げられない。

 一方、カウンターからチャンスを作りたいグラナダ。66分、途中出場のジェレミー・ボガが左サイドを突破すると、切り返しからシュートまで持ち込んだが、決定機にはつながらない。

 バルセロナグラナダの守備に苦しんだものの、このまま1-0でグラナダに勝利。3連勝を飾り、首位のレアル・マドリードを追走する。

 次節、バルセロナは11月6日に敵地で日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャと、グラナダは同5日にデポルティーボと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-0 グラナダ

【得点者】
1-0 49分 ラフィーニャバルセロナ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る