2016.10.27

レアルに新ユニット“AML”誕生? 若手3人の総得点、BBCを上回る

アセンシオ、モラタ、L・バスケス
“AML”を形成するアセンシオ、モラタ、L・バスケス(左から) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードが誇る攻撃ユニットと言えば、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルとフランス人FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”だが、新たなトリオも台頭している。スペイン紙『マルカ』は26日、“AML”を成す若手3選手の今シーズンの総得点が“BBC”を上回っていると伝えた。

 レアル・マドリードは26日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦(ラウンド32)ファーストレグで、レオネサ(3部)に7-1と大勝。“BBC”を温存したアウェーゲームでゴールラッシュを見せた。同試合を終えて、レアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラ9試合、チャンピオンズリーグ(CL)3試合、UEFAスーパーカップとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)各1試合、公式戦計14試合を消化している。

 同紙は、14試合終了時点でのBBCの得点数が「12」であるのに対して、スペイン代表MFマルコ・アセンシオと同FWアルバロ・モラタ、同FWルーカス・バスケスからなる“AML”は「13」ゴールを決めていることを指摘した。

 個人別で見ても、“BBC”の3選手は各4ゴールずつであるのに対し、アセンシオとモラタは6ゴールを記録している。両選手は今回のレオネサ戦で2ゴールずつを挙げており、格下相手に“稼いだ”面は否めないものの、平均年齢23歳の若手ユニットが存在感を示していることは確かだ。

 レアル・マドリードの選手層の厚さを物語る2つの“ユニット”の存在。今後の活躍にも注目だ。なお、公式戦14試合終了時点での“BBC”と“AML”の出場記録は以下のとおり。

▼BBC(計12ゴール)
ギャレス・ベイル…11試合出場4ゴール
カリム・ベンゼマ…11試合出場4ゴール
クリスティアーノ・ロナウド…9試合出場4ゴール

▼AML(計13ゴール)
マルコ・アセンシオ…10試合出場6ゴール
アルバロ・モラタ…14試合出場6ゴール
ルーカス・バスケス…12試合出場1ゴール

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る