2016.10.27

ジダン監督、ナチョのボレー弾は「私がCLで奪った得点よりも美しい」

ジダン
ナチョの得点を絶賛したジダン監督(写真は23日のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグが26日に行われ、レアル・マドリードはレオネサ(3部)と対戦し、7-1で勝利した。試合後、同クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督がコメントを残している。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 リーガ・エスパニョーラ第9節のアスレティック・ビルバオ戦から中2日で臨んだ同ゲームには、主力のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやウェールズ代表FWギャレス・ベイル、フランス人FWカリム・ベンゼマらを温存。スタメンにはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやスペイン代表MFイスコ、同FWアルバロ・モラタらを抜てきした。

 敵地での一戦で、試合立ち上がり6分に先制点を奪ったレアル・マドリードは、その後も相手を圧倒。後半には一挙5ゴールを奪うなど、力の差を見せつけた。

 「今日ピッチに立った選手のことを私は好きだ。真剣な姿勢で、素晴らしいゲームをした」と満足感を示したジダン監督。「自分たちのゲームをし、相手にも敬意を払っていた。嬉しいね」と続け、大差でも手を緩めなかった選手たちを絶賛した。

 同試合ではチーム6点目となるゴールをスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスがジャンピングボレーで叩き込んだ。当該の得点についてジダン監督は、「ナチョのゴールは、私が9回目のチャンピオンズリーグ(CL)を獲るときに奪った得点よりも美しい」と2001-02シーズンのCL決勝レヴァークーゼン戦で決めたボレーシュートよりも優れた得点であったと評価。「彼はいつも真面目にトレーニングしているから私も嬉しい」と普段の努力を称えた。

2001-02シーズンのCL決勝でボレーシュートを決めるジダン [写真]=Getty Images

2001-02シーズンのCL決勝でボレーシュートを決めるジダン [写真]=Getty Images

 大勝を収めたレアル・マドリード。リーグ戦でも第9節終了時点で首位に立っているが、「まだ何も成し遂げていない」と指揮官は気を引き締めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る