2016.10.24

セビージャが首位アトレティコを撃破! 清武はベンチ外、公式戦7試合出番なし

パレハ
アトレティコを破ってガッツポーズのセビージャDFパレハ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第9節が20日に行われ、日本代表MF清武弘嗣のセビージャとアトレティコ・マドリードが対戦した。清武はベンチ外で、公式戦7試合連続で出番なしとなった。

 首位に立つアトレティコ・マドリードをホームに迎えたセビージャは、サミル・ナスリやスティーヴン・エンゾンジ、フランコ・バスケスらが先発出場。一方、無敗をキープしているアトレティコ・マドリードは、フィリペ・ルイスやフアンフラン、コケ、アントワーヌ・グリーズマンらが先発メンバーに名を連ねた。

 セビージャは14分、左サイドからナスリが上げたクロスにエンゾンジが反応。打点の高いヘディングシュートを放ったが、GKヤン・オブラクの正面を突いた。16分にはアトレティコ・マドリードが反撃。グリーズマンのスルーパスに反応したケヴィン・ガメイロがペナルティーエリア左側に入って左足シュートを放ったものの、GKセルヒオ・リコが阻んだ。

 アトレティコ・マドリードは39分にもアンヘル・コレアがペナルティーエリア右側でパスを受け、決定機を迎えたものの、右足シュートは枠の右へ。前半は0-0で終了した。

ナスリ(右)とガビ(左)のマッチアップ [写真]=Getty Images

ナスリ(右)とガビ(左)のマッチアップ [写真]=Getty Images

 後半立ち上がり、決定機を迎えたのはセビージャだった。49分、ナスリがペナルティーエリア手前でボールを持つと、鋭い切り返しで2人のマークを剥がす。シュートコースを見出したナスリは右足を一閃。グラウンダーのシュートが枠を捉えたが、左ポストを直撃して先制ゴールとはならなかった。

 セビージャは52分にも決定機。右サイドからのクロスに反応したビトーロがダイレクトで合わせたものの、GKオブラクのファインセーブに阻まれ、均衡を破ることができない。

 それでも73分、勝利を決めるゴールはセビージャのものだった。エンゾンジが3列目からの攻撃参加でスルーパスを受け、最終ラインの背後へ。ドリブルで敵陣を縦へ突破し、ペナルティーエリアに入って右足シュートを決めた。

F・トーレス(左)とエンゾンジ(右)が競り合う [写真]=Getty Images

F・トーレス(左)とエンゾンジ(右)が競り合う [写真]=Getty Images

 試合は1-0で終了。セビージャがエンゾンジの決勝ゴールで勝利を収め、勝ち点を「19」に伸ばして2位に浮上した。一方、アトレティコ・マドリードは今シーズン初黒星。勝ち点「18」で5位に転落している。

勝利を喜ぶセビージャGKリコ [写真]=Getty Images

勝利を喜ぶセビージャGKリコ [写真]=Getty Images

 セビージャの次節は29日、スポルティング・ヒホンとアウェーで対戦。アトレティコ・マドリードは同日、マラガをホームに迎える。

【スコア】
セビージャ 1-0 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 73分 スティーヴン・エンゾンジ(セビージャ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る