FOLLOW US

バルサ主将イニエスタ、タックルを受け右ひざ負傷 6〜8週間の離脱へ

イニエスタが、バレンシア戦で負傷した [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、負傷した。クラブ公式HPが22日に伝えている。

 イニエスタは22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節バレンシア戦に先発出場したが、14分にアルゼンチン代表MFエンソ・ペレスのタックルを受けて負傷し、担架で運ばれてそのままピッチを去った。

 クラブの発表によれば、同選手は右ひざのじん帯を損傷。今後6週間〜8週間にかけてチームを離れることが決定的となった。

 バルセロナは先日、スペイン代表DFジェラール・ピケと同代表DFジョルディ・アルバが負傷で戦列を離れたばかり。キャプテンのイニエスタもこれに加わり、チームは苦しい時期を迎えている。

 一方バレンシア戦では、試合終了間際にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがPKを決めて3-2で辛勝。順位表でも暫定でリーグトップに立った。バルセロナは次戦、29日に第10節でグラナダと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA