FOLLOW US

ヒホンへレンタル中の26歳DF、バルサ時代を回想「毎日泣きながら帰っていた」

バルセロナでは在籍2年で8試合の出場にとどまったDFドウグラス [写真]=VI Images via Getty Images

 今夏にバルセロナからスポルティング・ヒホンにレンタル移籍したブラジル人DFドウグラスが18日に地元紙『エル・コメルシオ』のインタビューに応じ、バルセロナ時代の苦労を語った。

 現在26歳のドウグラスは2014年夏にサンパウロからバルセロナに移籍して以降、度重なるケガの影響でプレーする機会がほとんどなく、在籍した2シーズンでの公式戦出場数はわずか8試合。リーグ戦に限れば、スポルティング・ヒホン加入後の出場数を1つだけ上回る、3試合の出場にとどまっていた。

 自身の性格についての質問を受けたドウグラスは「常にポジティブだ」と答えながらも、バルセロナ時代については、「ケガによって厳しい時期を過ごしていた。毎日泣きながら家に帰っていたんだ」と告白。「でも、それが現実であり、僕はそれに立ち向かって前進を続ける必要があった」と当時の状況を回想した。

 それでも、9月17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のアトレティコ・マドリード戦では、スペインに来てから初めてリーグ戦でのフル出場を達成。第6節のバルセロナ戦でも、古巣を相手に後半途中からの出場を果たした。

 現在、リーグ戦5連敗で降格圏に沈んでいるスポルティング・ヒホン。しかし、ドウグラスは「クオリティのあるチームだし、良い選手が揃っている」とチームのポテンシャルに太鼓判を押し、「下を向いてはいられないし、気持ちを切らしてはいけない。試合はまだ多く残っているんだ」とポジティブな姿勢を崩さない。新天地での名誉挽回を狙うドウグラスだが、チームを残留に導く活躍を見せられるだろうか。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA