2016.09.21

ダービーマッチはセビージャに軍配! 完封でベティス撃破、清武は出番なし

メルカド
DFメルカド(右から2番目)のゴールでセビージャがベティスを破った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第5節が20日に行われ、日本代表MF清武弘嗣のセビージャとベティスによる“セビージャ・ダービー”が開催された。清武はベンチスタートだった。

 セビージャの本拠地であるラモン・サンチェス・ピスフアンが大観衆で埋め尽くされ、ダービーマッチはキックオフを迎えた。セビージャはサミル・ナスリやスティーヴン・エンゾンジ、フランコ・バスケスらが先発出場。ベティスはホアキン・サンチェスやルベン・カストロらが先発メンバーに名を連ねている。

 試合は序盤からセビージャが攻勢をかける展開に。ナスリがペナルティーエリア左側でシュートチャンスを迎え、ルシアーノ・ビエットが左サイドからのカットインでエリア内に入るなど、ベティスを押し込んでいった。しかし前半は均衡が破られることなく、スコアレスで終了した。

フル出場で勝利に貢献したナスリ [写真]=Getty Images

フル出場で勝利に貢献したナスリ [写真]=Getty Images

 0-0で迎えた後半、ゴールネットを揺らしたのはセビージャだった。51分、敵陣中央からのFKをナスリがゴール前へ蹴り込むと、緩やかな軌道を描いたボールにガブリエル・メルカドが反応。相手GKの前へ低い姿勢で飛び込み、バックヘッド気味にボールを逸らしてゴールを決めた。

値千金の先制ゴールを挙げたメルカド(右)を祝福するビトーロ(左) [写真]=Getty Images

値千金の先制ゴールを挙げたメルカド(右)を祝福するビトーロ(左) [写真]=Getty Images

 セットプレーから先制に成功したセビージャ。1点を追うベティスに反撃を受け、R・カストロのミドルシュートでゴールを脅かされる場面もあったが、最後まで同点ゴールを許すことはなかった。

セビージャのサラビアが突破を図る。69分からピッチに立った [写真]=Getty Images

セビージャのサラビアが突破を図る。69分からピッチに立った [写真]=Getty Images

 試合は1-0で終了。セビージャが1点を守り切って完封勝利を収めた。3勝2分けと無敗を維持し、勝ち点11で暫定2位となっている。なお、ベンチスタートの清武に出場機会は訪れなかった。

 セビージャの次節は24日、アスレティック・ビルバオとのアウェーゲームに臨む。一方のベティスは23日、マラガをホームに迎える。

【スコア】
セビージャ 1-0 ベティス

【得点者】
1-0 51分 ガブリエル・メルカド(セビージャ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る