2016.09.06

バルサ、メッシの負傷状況を発表 リーガ欠場で復帰はCL初戦の見込み

メッシ
ウルグアイ戦にフル出場したメッシ。その後、負傷で離脱していた [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは5日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの負傷状況について発表した。

 メッシは、1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第7節のウルグアイ代表戦に出場。しかしながら試合後、恥骨の炎症により鼠径部に痛みを抱えていることが発表され、代表チームからの離脱が決定していた。

 同クラブ公式サイトによると、5日に行われた検査の結果、メッシは左足の内転筋を痛めていることがわかったという。今後は練習レベルを下げて様子を見ながら調整し、回復具合によって次戦の出場を決定する。

 バルセロナは10日、リーガ・エスパニョーラ第3節でアラベスをホームに迎える。スペイン紙『マルカ』は、同試合にメッシは間に合わないと予想し、13日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のセルティック戦で復帰すると報じている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る