2016.09.02

スペイン代表FWモラタが右ひざを負傷 5日のW杯予選初戦には出場可能か

アルバロ・モラタ
親善試合のベルギー戦に先発出場したFWモラタ(右) [写真]=Photonews via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が1日に行われ、スペイン代表はベルギー代表に2-0と勝利。この試合でレアル・マドリードに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタが負傷した。同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 同試合で先発出場したモラタは、23分に右ひざを負傷。自ら交代を要求し、27分にFWジエゴ・コスタとの交代を余儀なくされた。試合はその後、MFダビド・シルバが2ゴールを挙げ、スペインはフレン・ロペテギ監督の初陣を白星で飾った。

 同紙によると、モラタはすぐにドレッシングルームに引き上げ、チームドクターの処置を受けた模様。スペインサッカー連盟(RFEF)のメディカルスタッフによると、大事を取って交代しただけであり、5日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のリヒテンシュタイン戦には出場できる見込みだという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る