2016.08.28

エイバル、アルカセルら欠場のバレンシアに完封勝利 乾に出場機会なし

先制点を奪い、喜ぶエイバルの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第2節が27日に行われ、MF乾貴士所属のエイバルとバレンシアが対戦した。乾はベンチスタートとなっている。

 開幕節では先制しながらもデポルティーボに逆転負けを喫したエイバル。ホームでの一戦には、同じくリーグ開幕戦を落としているバレンシアを迎えた。エイバルの先発には、デポルティーボ戦で得点を決めたイバン・ラミスや、ポルトガル代表FWべべらが名を連ねた一方、乾は2戦連続でのスタメン入りを逃した。対するバレンシアは、アルゼンチン代表MFエンソ・ペレスや、新加入のスペイン人MFマリオ・スアレスらが先発で起用され、中盤を構成する。去就に注目が集まるドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィとスペイン代表FWパコ・アルカセルはベンチ外となった。

 試合開始からバレンシアがボールを試合する展開。それでも、得点が奪えないまま時間が経過し15分、エイバルはスローインから左サイドを突破。最後はドリブルでエリア内へ進入したアントニオ・ルナがシュートまで持ち込んだ。しかしボールはクロスバーの上へ外れる。

 その後は再びバレンシアがゲームを支配する。23分にはナニが右サイドから上げたクロスに、エリア内でフリーとなったアイメン・アブデヌールが頭で合わせたが、これは得点に至らなかった。

バレンシアに新加入のナニ(右)が攻撃をけん引した [写真]=Getty Images

バレンシアに新加入のナニ(右)が攻撃をけん引した [写真]=Getty Images

 さらにバレンシアは40分、ロドリゴが左サイドを突破し、グラウンダーの鋭いクロスを上げると、エリア内でサンティ・ミナが合わせた。しかしこれは間一髪DFがブロックに入り、失点を阻止する。結局得点は生まれず、スコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半が始まって50分、エイバルはピッチ中央でFKを獲得すると、ペドロ・レオンが直接ゴールを狙った。しかし、枠に飛んだシュートをGKマシュー・ライアンが弾き、先制点とはならない。

 59分、エイバルがビッグチャンスを迎える。エリア内でアブデヌールの手にボールが当たったとしてPKの判定。キッカーを務めたペドロ・レオンのシュートは一度GKライアンに弾かれるが、自身でこぼれ球を押し込み、ネットを揺らした。

先制ゴールを挙げたエイバルのペドロ・レオン [写真]=Getty Images

先制ゴールを挙げたエイバルのペドロ・レオン [写真]=Getty Images

 1点を追うバレンシアは72分、ゴール前でミナが倒されFKを獲得すると、ダニエル・パレホが直接シュート。しかしGKアシエル・リエスゴが落ち着いてボールを処理する。

 試合はこのままスコアが動かず、終盤に突入。リードを許すバレンシアはラファエル・ビセンテを投入するなど攻撃の活性化を図る。

 しかし、後半アディショナルタイムを含めても得点は奪えず、タイムアップのホイッスルを迎えた。1点を守ったエイバルが今シーズン初勝利。敗れたバレンシアは開幕連敗スタートとなった。なお、乾に出場機会はなかった。

 次節、エイバルは敵地でグラナダと、バレンシアはホームでベティスとそれぞれ11日に対戦する。

【スコア】
エイバル 1-0 バレンシア

【得点者】
1-0 62分 ペドロ・レオン(エイバル)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る