2016.08.22

ブラジルの新星ガビゴル、バルサ移籍を希望?「ネイマールとプレーしたい」

リオ五輪の金メダルを喜ぶネイマール(中央)とガブリエウ(右)(左はジェズス) [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サントスに所属するリオ五輪ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザが、自身の去就について言及した。22日付のスペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 現在19歳のガブリエウは2015年のコパ・ド・ブラジウで得点王に輝き、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールになぞらえて“ガビゴル”と呼ばれる左利きのストライカー。サントスの下部組織出身であることや、プレースタイルが似ていることから“ネイマール2世”と称される。リオデジャネイロ・オリンピックのブラジル代表メンバーにも選ばれ、本大会では全6試合に出場し、2ゴールを挙げた。

 ガブリエウについては、バルセロナをはじめ、ユヴェントス、日本代表DF長友佑都が所属するインテルなどが関心を寄せている模様。同選手は「今までは移籍に関しては考える時間がなかった。僕の気持ちはオリンピックに向いていたからね。家族とともに優勝を祝って、サントスに戻ってからどうするか考えるよ」とコメント。オリンピックの金メダルの余韻に浸ったあとに、自身の去就について考えたいと口にした。

 しかしながら、リオ五輪でともに戦ったネイマールに話が及ぶと、「彼は偉大な選手だ。本当に素晴らしいよ、一緒にプレーしたいね」と、バルセロナへの興味を示唆する発言をした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る