2016.08.22

リオ五輪での疲労を考慮 ネイマール、バルサでの試合復帰は9月か

ネイマール
重圧の中でリオ五輪の全6試合を戦い抜いたネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得したブラジル代表FWネイマールについて、所属するバルセロナでの試合復帰が9月に入ってからになる見通しであることがわかった。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が22日に報じている。

 ネイマールは8月5日から開催されたリオ五輪で、オーバーエイジ選手としてブラジル代表のキャプテンを務めた。グループステージ初戦から決勝までの全6試合にフル出場して4ゴールを記録。同国初の金メダルに大きく貢献した。

 同紙によると、ネイマールは今週中にバルセロナに合流する予定。同クラブは28日にリーガ・エスパニョーラ第2節でアスレティック・ビルバオとのアウェーゲームに臨むが、ネイマールはスケジュール上は同試合に出場可能だという。しかしバルセロナは、同選手のコンディションを懸念。自国開催大会で厳しい批判を浴びながら、17日間で6試合を戦い抜いたことによる心身両面の疲労を考慮し、起用を見送る意向だと伝えられている。

 バルセロナは現在、前線の一角として先発出場を続けるトルコ代表MFアルダ・トゥランが公式戦2試合連続ゴール中と好調を維持。スペイン代表FWムニル・エル・アダディも控えており、ネイマールの起用を見送っても問題はないと報じられている。

 ただ同紙は、9月上旬に国際Aマッチウイークを控えていることに言及。ロシア・ワールドカップの南米予選に臨むブラジル代表は9月1日にエクアドル代表とアウェーで、6日にコロンビア代表とホームで対戦する。ネイマールは代表選出が有力視されており、招集された場合は再び南米に戻ってプレーすることとなる。

 スペインで腰を据えて調整を行うことができないため、今後もバルセロナネイマールのコンディションに不安を抱えることになるかもしれない。国際Aマッチウイークを終えると、バルセロナは9月10日の第3節でアラベスと対戦。13日(もしくは14日)にはチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が控えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング