2016.07.27

7月中にサインか…バルサ、32歳マスチェラーノとの契約延長に着手

マスチェラーノ
バルサ残留を明言しているマスチェラーノ [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノとの新契約締結に向けて交渉を開始したようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が26日に報じている。

 バルセロナ加入後6シーズン目を終えたマスチェラーノは今夏、ユヴェントスへ移籍する可能性を報じられていた。一時は移籍が濃厚と見られていたが、今月3日の大手メディア『ESPN』によれば、「これからもう数年間はバルセロナに残りたい。(2016-17シーズンが)良いシーズンになることを願うよ。シーズン開幕前はいつだって楽しみだし、また最高のシーズンを過ごせるといいね」とコメント。バルセロナ残留の意向を明かしていた。

 今回の報道によると、マスチェラーノとの新契約締結に向けてバルセロナが交渉を開始した模様だ。現行契約は2018年6月までとなっているが、バルセロナは期間延長と条件向上を打診し、今月中に交渉を成立させたいと考えているようだ。

 マスチェラーノは1984年生まれの32歳。2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍した。2015-16シーズンはリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)との二冠獲得に貢献。6月に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016にも出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る