2016.06.24

ソラーリ氏、レアルBチーム指揮官に昇格へ…母国クラブの就任打診に断り

ソラーリ
レアル・マドリード・カスティージャの指揮官に就任すると報じられたソラーリ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのU-19チーム(フベニール)を率いていた元アルゼンチン代表MFのサンティアゴ・ソラーリ氏が、同クラブのBチーム(レアル・マドリード・カスティージャ)の指揮官に就任する見通しとなった。スペイン紙『アス』が23日に報じている。

 報道によると、ルイス・ミゲル・ラミス監督の退任を受け、ソラーリ氏がレアル・マドリード・カスティージャの指揮官に就任する模様。同氏は現在、フベニール(U-19)のAチームを率いており、内部昇格という形になる。なおソラーリ氏の後任には、フベニールのBチームで指揮を執っている元スペイン代表MFグティ氏が昇格する見通しだ。

 ソラーリ氏は1976年生まれの39歳。選手時代は2000年から2005年にかけてレアル・マドリードでプレーし、2度のリーガ・エスパニョーラ制覇、2001-02シーズンのチャンピオンズリーグ制覇などに貢献した。2005年にインテルに移籍し、アルゼンチンのサン・ロレンソやメキシコのアトランテでもプレー。2011年にウルグアイのペニャロールで現役を引退した。引退後、2013年からレアル・マドリードの下部組織で指導者を務め、今年1月にジネディーヌ・ジダン監督がトップチーム指揮官に就任したことに伴い、フベニールのAチームに昇格して指揮を執っていた。

 なお今回の報道によれば、ソラーリ氏のもとにはサン・ロレンソからもオファーが届いていた模様だが、母国アルゼンチンの古巣クラブでトップチームを率いる選択をせず、レアル・マドリード残留を決断したようだ。


サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング