2016.05.28

レヴァンドフスキの代理人がレアルとの接触認める…本人も前向きな発言

レヴァンドフスキ
今シーズン、ブンデスリーガで30ゴール挙げて得点王に輝いたレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの代理人が、レアル・マドリードと接触したことを認めた。28日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 現在27歳のレヴァンドフスキは、2014-15シーズンにドルトムントからフリーエージェントで加入し、これまで公式戦100試合で67ゴールをマークするなど、チームを牽引している。まだ契約は3年残っているが、バイエルンは契約延長交渉に失敗したとも報道されていて、エースストライカーの去就が不透明になりつつあるようだ。

 同メディアによれば、レヴァンドフスキが今夏にもレアル・マドリードに移籍する可能性があるという。代理人を務めるチェザリ・クハルスキ氏が「レアル・マドリードは何週間か前に接触してきたよ。彼らの言うことは全部聞いた。大きくて、素晴らしいクラブだ」などと、ドイツの週刊誌『シュピーゲル』に語ったという。

 同選手はこの件に関し「フットボールの世界において、契約が全てではない。人それぞれ意見があるとは思うけど、本当のことだ。時には新しいものに価値を見出す必要がある」とコメントしており、移籍に前向きな姿勢をうかがわせている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る