2016.05.19

アトレティコ、新星サウールとの契約延長を発表…代表候補初選出の21歳

サウール・ニゲス
CL準決勝バイエルン戦で鮮やかなドリブルシュートを決めたサウール・ニゲス(17番) [写真]=Getty Images 
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは18日、スペイン代表MFサウール・ニゲスと2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

 サウールは1994年生まれの21歳。レアル・マドリードの下部組織からアトレティコ・マドリードの下部組織へと加入し、2010-11シーズンにはアトレティコ・マドリードBへ昇格を果たす。2012年にトップチームで公式戦デビューを果たすと、翌2013年7月にはラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍を経験。1年後にアトレティコ・マドリードへ復帰した。

 今シーズン、サウールは主力として活躍した。リーガ・エスパニョーラでは31試合出場(先発出場は26試合)で4ゴールを記録。4月27日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのバイエルン戦では、鮮やかなドリブル突破から決勝ゴールを挙げて注目を集めた。そして17日に発表されたスペイン代表候補25名のリストにも名を連ね、初選出を果たしている。

 新契約締結にあたってサウールは「このユニフォームを守り続けることができて、とても幸せだよ」と、喜びのコメントを寄せている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る