2016.05.16

リーガ連覇、古巣ヒホンは残留決定…バルサ指揮官「素晴らしい最終節」

ルイス・エンリケ
リーガ連覇を決めて喜ぶエンリケ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第38節(最終節)グラナダ戦を3-0で制し、優勝を決めたバルセロナ。連覇へと導いたルイス・エンリケ監督にとってはパーフェクトな週末となったようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 土曜日(14日)にリーガ・エスパニョーラ連覇を達成したエンリケ監督。翌日の日曜日(15日)には、自身の生まれ故郷で古巣でもあるスポルティング・ヒホンがビジャレアルを2-0で破り、17位に入って残留を決めた。エンリケ監督は自身のツイッターで、スポルティング・ヒホンのユニフォームを着た写真を添え、「なんて素晴らしい最終節なんだ!スポルティング・ヒホン! おめでとう、ピィトゥ(スポルティング・ヒホンで幼馴染のアベラルド・フェルナンデス監督のニックネーム)」とツイートした。

 今シーズンの最終節では、残留を懸けて3クラブが1枠を争った。第37節終了時点では、残留圏内の17位にヘタフェ(勝ち点36)、降格圏内の18位にスポルティング・ヒホン(同36)、19位にラージョ・バジェカーノ(同35)が並んでいた。当該3クラブの試合は同時刻にキックオフ。スポルティング・ヒホンがビジャレアルを2-0で破って逆転残留を決めた。ヘタフェはアウェーでベティスに1-2で敗れ、ラージョ・バジェカーノはレバンテに3-1で快勝したものの、2部降格となった。

 なお、現在はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでプレーする元スペイン代表FWダビド・ビジャも、古巣であるスポルティング・ヒホンの残留を喜び、ツイートで祝福している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る