2016.05.15

C・ロナ2発でレアル快勝も一歩及ばず…ジダン体制1年目は2位に終わる

クリスティアーノ・ロナウド
先制点を決めたC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第38節(最終節)が14日に行われ、デポルティーボとレアル・マドリードが対戦した。

 優勝争いが最終節までもつれ込んだリーガ・エスパニョーラ。優勝の可能性を残しているのは首位バルセロナと2位のレアル・マドリードで、両クラブの勝点差は1となっている。最終節でバルセロナが引き分け以下に終わり、レアル・マドリードがこの試合を制すると、レアル・マドリードの4シーズンぶり33回目のリーガ制覇が決まる。

 レアル・マドリードはこの試合にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウェールズ代表MFギャレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマとベストに近い布陣で臨んだ。

 試合は開始からレアル・マドリードが攻勢に出る。8分、左サイドを突破したベイルがエリア内に進入する。マイナスの折り返しを送ると、ベンゼマが中央のC・ロナウドへラストパス。これをC・ロナウドが難なく押し込み、アウェーのレアル・マドリードが先制に成功した。

 続く26分、レアル・マドリードが左CKを獲得すると、トニ・クロースがクロスボールを供給する。これをC・ロナウドが頭で合わせてネットを揺らした。デポルティーボはエリア内でベイルのファウルがあったとして抗議したが、主審はゴールを認めて2点差となった。

 その後も猛攻を続けるレアル・マドリード。29分、最終ラインの裏に抜けだしたC・ロナウドがGKと一対一から右足シュートを放つ。しかし、ここは惜しくも右ポストに弾かれてしまい、ハットトリック達成とはならなかった。前半はそのままレアル・マドリードが2点をリードしてハーフタイムを迎えた。

 レアル・マドリードは後半開始からC・ロナウドが下がり、ハメス・ロドリゲスを交代で投入した。さらに61分にはクロースを下げてイスコをピッチに送り込んだ。

 一方、まずは1点を返したいデポルティーボ。71分、アレハンドロ・アリーバスに替えて、ロベルト・スアレスを投入した。直後の72分、デポルティーボが右CKを獲得すると、途中出場のロベルト・スアレスがフリーでヘディングシュートを放ったが、ここはGKケイロル・ナバスの好セーブに遭ってしまい、得点を奪うことができない。

 レアル・マドリードはさらに追加点を狙う。79分、イスコが右サイドのダニエル・カルバハルへ展開。カルバハルのクロスからイスコがヘディングシュートを放ったが、ここはわずかに枠の左へ外れてしまい、得点することはできなかった。

 このままレアル・マドリードが2-0で勝利を収め、12連勝を飾った。しかし、同時刻に試合を行ったバルセロナが勝利したため、勝点1差のまま変わらずに優勝を逃した。しかし、1月に就任したジネディーヌ・ジダン監督はチームの再建に成功し、1年目のシーズンを2位で終えたため、来シーズンの続投も濃厚となった。

【スコア】
デポルティーボ 0-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 8分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0-2 26分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る