2016.05.14

レアル、ファンがテロの標的に…過激派組織ISISが10人以上を殺害

レアル・マドリード
レアル・マドリードのファンがテロの標的となってしまった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 武装した過激派組織『ISIS(イスラミックステート)』のメンバーが、イラクにあるレアル・マドリードのサポーターズクラブを襲撃。多くの死傷者が出たと、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 報道によれば、事件はイラクのサーマッラーという都市で起きたという。

 AK-47(ライフル銃)を持った武装集団は50人ほどいたサポーターたちを襲い、そのうち14人が死亡、28人が負傷したとされている(レアル・マドリードの発表によれば、亡くなったのは16人)。凄惨な現場の様子はSNS上にアップされ、衝撃を与えている。

 サポーターズクラブの代表であるジード氏は今回の惨劇について次のように述べた。

「ISISから成るイスラム・テロリストのグループはAK-47で武装し、カフェになだれ込んできた。内部に向けて、無差別に発砲した。彼らはフットボールを好まない。アンチムスリムだと考えている。そして、このような攻撃を仕掛ける。ひどい悲劇だ」

 事件を受け、リーガ・エスパニョーラは公式ツイッターで哀悼の意を表明している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る