2016.05.01

アトレティコが6連勝で2位キープ…グリエスマン決勝弾でラージョ撃破

グリエスマンのゴールを喜ぶアトレティコの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第36節が4月30日に行われ、アトレティコ・マドリードとラージョ・バジェカーノが対戦した。

 アトレティコ・マドリードは1月30日の第22節で首位バルセロナに1-2と敗れた後、リーグ戦13試合で11勝1分け1敗と好調を維持。チャンピオンズリーグも含めると公式戦最近5試合連続で無失点勝利と、鉄壁の守備をベースに勝ち点を積み上げている。バルセロナと勝ち点82で並び、残り3試合で逆転優勝を狙う。

 4月27日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのバイエルン戦から中2日で迎えるホームゲームに、アトレティコ・マドリードは大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ。ディエゴ・シメオネ監督がベンチ入り禁止処分で不在の中、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスやフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマン、スペイン代表MFコケらはベンチスタート。先発メンバーにはU-21フランス代表DFリュカ・エルナンデスやスペイン人MFガビらが名を連ねた。

 アトレティコ・マドリードは開始5分、敵陣でボールを奪ってカウンター攻撃を仕掛け、最後はアンヘル・コレアがペナルティーエリアに入って右足シュート。枠を捉えたが、相手GKの好セーブに阻まれた。23分にはラージョ・バジェカーノのアドリアン・エンバルバにペナルティーエリア手前から右足シュートを打たれたが、枠の外へ。前半は0-0で終了した。

 スコアレスで迎えた後半開始時から、アトレティコ・マドリードはガビに代えてコケを投入。さらに54分にはF・トーレス、55分にはグリエスマンをピッチに送り出した。すると55分、途中出場したばかりのグリエスマンがゴールネットを揺らした。コケがF・トーレスを狙ったフィードを蹴り込むと、相手DFのクリアに反応したグリエスマンがペナルティーエリア手前でボールを拾い、左足を一閃。アウトサイドで蹴られたシュートがゴール左隅に決まった。

 交代策が的中してリードを奪ったアトレティコ・マドリードは追加点こそ挙げられなかったものの、ラージョ・バジェカーノに反撃を許さず。試合は1-0で終了し、アトレティコ・マドリードが勝ち点3を獲得した。

 アトレティコ・マドリードはリーグ戦では3試合連続での“ウノゼロ”(1-0)勝利で6連勝を達成し、勝ち点を85に伸ばした。なお、今節は首位バルセロナがベティスを2-0で破ったため、勝ち点で並ぶ両者の順位は変わらなかった。

 アトレティコ・マドリードは次戦、5月3日にバイエルンとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグをアウェーで戦い、8日にはリーガ・エスパニョーラ第37節でレバンテと敵地で対戦。一方のラージョ・バジェカーノは次節、8日にレアル・ソシエダとアウェーで対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0 ラージョ・バジェカーノ

【得点者】
1-0 55分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る