2016.04.30

2戦8発のスアレス、リーガ得点王へ前進…C・ロナは負傷欠場で足踏み

リーガ得点王争いをするスアレス(左)とC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images. Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナ所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスにとって、30日に行われるリーガ・エスパニョーラ第36節のベティス戦はリーグ得点王とゴールデンシューを獲得する上で重要となる。得点王争いをする、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今節も負傷欠場すことが決まったからだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 スアレスの得点王が現実味を帯びてきた。第34節デポルティーボ戦(8­-0)、第35節スポルティング・ヒホン戦(6­-0)の2試合で計8得点を決めたスアレスは、リーグ戦ゴール数を34に伸ばして一気にC・ロナウドを抜き、得点ランキングトップに躍り出た。

 現在31ゴールで得点ランク2位につけているC・ロナウドは、30日に行われる第36節レアル・ソシエダ戦のメンバーに招集されず、前節に続く欠場が決定。スアレスにとってはさらに得点差を広げるチャンスとなった。両選手は2人はリーガでの得点王だけでなく、シーズンを通して、欧州の各国リーグで最も点を決めた選手に与えられるゴールデンシューも争っている。

 リーガ・エスパニョーラも残り3節。ベティス戦でスアレスが何点決めるのか。個人タイトルの行方を決める上で重要なゲームとなりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る