2016.04.28

バルサがレヴァークーゼンGKに興味…テア・シュテーゲンの後釜候補か

レノ
バルセロナからの関心が報じられたGKレノ [写真]=DFL via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、新守護神の獲得を画策しているようだ。27日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によると、バルセロナは今夏の移籍が噂されているドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの代役として、レヴァークーゼンに所属する同GKベルント・レノに興味を示しているという。同選手の獲得には、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督も関心を抱いている模様だ。

 また、レヴァークーゼンはレノに対して、4月30日までに移籍金1625万ユーロ(約20億円)のオファーが届けば、契約を解除できるという条項を設定しているとのこと。イギリス紙『ザ・サン』によると、レノ本人はレヴァークーゼンを指揮するロジャー・シュミット監督と衝突を起こし、退団を望んでいると報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る