2016.04.24

2位アトレティコ、バルサを追走…コレア決勝弾で3戦連続完封勝利

コレアのゴールを喜ぶアトレティコの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第35節が23日に行われ、アトレティコ・マドリードとマラガが対戦した。

 アトレティコ・マドリードは1月30日の第22節で首位バルセロナに1-2と敗れた後、リーグ戦12試合で10勝1分け1敗と好調を維持。バルセロナと勝ち点79で並び、残り4試合で逆転優勝を狙う。

 中2日で迎えるホームゲーム、ディエゴ・シメオネ監督は先発メンバーを3名変更。最終ラインにU-21フランス代表DFリュカ・エルナンデスとウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス、中盤にベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコが起用され、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスやフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマン、スペイン代表MFコケらとともにピッチに立った。

 アトレティコ・マドリードは前半、マラガのドゥイェ・チョプの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされるなどピンチを迎えたが、GKヤン・オブラクの好セーブで得点を許さない。

 攻撃陣はチャンスを作り出し、左サイドからのクロスにF・トーレスが合わせ、後方へ流れたボールに反応したグリエスマンが決定機を迎えたものの、シュートは枠の右へ逸れてしまった。また、カラスコがペナルティーエリア手前から放った強烈なミドルシュートは相手GKに阻まれ、得点とはならなかった。前半はスコアレスで終了した。

 0-0で迎えた後半、アトレティコ・マドリードは62分に均衡を破った。攻撃参加で敵陣に入っていたフィリペ・ルイスのパスを受け、アンヘル・コレアがペナルティーエリア左手前で前を向く。コレアはドリブルで右方向へスライドし、シュートコースを見つけて右足を一閃。強烈なシュートをゴール右隅へ決めた。5分前にピッチに立ったばかりのコレアがディエゴ・シメオネ監督の交代起用に応え、先制点を記録した。

 リードを得たアトレティコ・マドリードは66分にグリエスマンに代えてアウグスト・フェルナンデスを投入し、テコ入れを図る。追加点こそ挙げられなかったものの、1点差のまま逃げ切り、勝ち点3を獲得した。

 アトレティコ・マドリードは2試合連続での“ウノゼロ”(1-0)、3試合連続の無失点勝利で、勝ち点を82に伸ばした。なお、今節は首位バルセロナがスポルティング・ヒホンに6-0と大勝したため、勝ち点で並ぶ両者の順位は変わらなかった。

 アトレティコ・マドリードは次戦、27日にバイエルンとのチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグをホームで迎え、30日にはリーガ・エスパニョーラ第36節でラージョ・バジェカーノと対戦。一方のマラガは次節、5月2日にレバンテをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0 マラガ

【得点者】
1-0 62分 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る