FOLLOW US

スアレス、今季公式戦49ゴール…元祖“太っちょ”ロナウド氏の記録上回る

スアレス(左)がロナウド氏(右)の得点記録を上回った [写真]=Getty Images、Bongarts/Getty Images

 20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節のデポルティーボ戦で、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが4ゴールを記録。8-0での圧勝の立役者となった。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとブラジル代表FWネイマールから親しみを込めて“ゴルド(太っちょ)”と呼ばれるスアレスは今シーズンの通算ゴール数を「49」に伸ばし、1996-97シーズンにバルセロナに所属した元祖“太っちょ”元ブラジル代表FWロナウド氏の記録を上回った。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 同紙によると、かつて“怪物”と呼ばれたロナウド氏のシーズン得点記録は「47」。スアレスがデポルティーボ戦での4ゴールで今シーズンのゴール数を「49」としたため、ロナウド氏の記録を上回った。

 なお、バルセロナの1シーズンでの最多得点記録保持者はメッシ。2011-12シーズンに73ゴール、2012-13シーズンに60ゴール、2014-15シーズンに58ゴール、2010-11シーズンには53ゴールを記録している。今シーズンのスアレスはメッシが持つ上記4つの記録に次ぐゴール数を挙げている。

 また、リーガ・エスパニョーラの得点王争いでは、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが31ゴールで首位。スアレスは30ゴールで、1点差に迫っている。また、ヨーロッパの各国リーグ戦で最も多くのゴールを決めた選手に贈られるゴールデン・シュー争いでは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの27ゴールを抜き、ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに並んだ。 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO