2016.04.06

夢の舞台カンプ・ノウで日本人カップルが結婚式…イムノで入場、装飾はブラウグラーナで統一

サッカー総合情報サイト

 女性のみならず、男性にとっても特別な日と言えるのが「結婚式」。一生の思い出になる手作りの式や仲の良い友人に祝福された式、海外ウェディングなど様々なスタイルがあるが、サッカーファン、バルセロナを愛するカップルにとって、最高の場所で愛を誓える場所がある。

 FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウ。約10万人を収容する巨大スタジアムを貸し切り、ウェディングセレモニーができることをご存知だろうか。

 3月10日、カンプ・ノウで忘れられない一日を刻んだ日本人カップルがいる。山本真之さん、美奈子さんのご夫妻だ。二人は、愛息、奏音くんとともに、カンプ・ノウを初めて訪れ、日本人カップルとして二組目となる結婚セレモニーをカンプ・ノウで行った。

 真人さんはダニエウ・アウヴェス、美奈子さんはセルジ・ロベルト、奏音くんはリオネル・メッシが好きで、「FCバルセロナの試合は毎週、欠かさずに見ています」と話すバルサ一家。憧れの舞台で永遠の愛を誓い合った新婦の美奈子さんは、「まさか、本当にここでできるんだなという感じです」とコメント。新郎の真人さんは、「アウヴェスが走っている、この場所にいるなんて」と感動していた。

 式はスタジアム内での写真撮影はもちろん、バルセロナのテーマソング“イムノ”での入場など、カンプ・ノウならではの演出が可能。挙式後は、ベンチ、チャペル、ゴール前、VIP席、ロッカールームなどで写真撮影が行われ、ブーケやリボンなどの装飾は、チームカラーの青とエンジで統一されている。

 挙式基本プランは150万円。チームバスによる送迎やチアリーダーによるパフォーマンス、トロフィー展示など各種オプションも充実している。

 夢のような「カンプ・ノウ ウェディング」を提供しているのは、ワールドスポーツコミュニティ(WSC)。出発前は専任のコンシェルジュが準備を進め、出発後も日本人スタッフが現地でサポート。シーズン中ならウェディングも試合観戦も楽しむこともできるプランとなっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る