FOLLOW US

エイバル、ビジャレアルに逆転負けで7戦白星なし…乾は後半途中までプレー

ビジャレアル戦で相手選手と競り合う乾貴士(右) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第31節が3日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとビジャレアルが対戦した。乾は左サイドハーフで3試合連続の先発出場となった。

 現在9位のエイバルは、直近10試合を1勝2分け7敗と苦しんでいる。国際Aマッチウイーク明け初戦となる一戦で勝利し、流れを変えたいところだ。対するビジャレアルは、前節バルセロナ相手に2点差を追いつきドローへ持ち込んだ。現在、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場圏内である4位につけており、今節も勝ち点を積み上げたい。

 試合開始からペースを握ったのはエイバル。8分、CKのこぼれ球に反応した乾が、エリア内で麦足を振りぬいた。しかしこれはビジャレアルDFが体を張ってブロックし、ゴールには至らない。

 しかし22分にエイバルが先制に成功する。左サイドの深い位置からホタがクロスを上げると、パスカットしたDFのクリアボールにアンデル・カパが反応。そのまま右足でミドルシュートを放ち、ゴール右上へ突き刺した。

 1点を奪われたビジャレアルだったが、35分に同点ゴールを挙げる。右サイドから中央へ切り込んだデニス・スアレスからスルーパスを受けたロベルト・ソルダードが、エリア内で右足のシュートを打った。これはGKアシエル・リエスゴに阻止されるが、こぼれ球をアドリアン・ロペスが押し込み、ネットを揺らした。このまま1-1で前半を折り返す。

 後半に入って50分、ビジャレアルはスアレスの右サイドから上げたグラウンダーのクロスが、DFに当たってコースが変わり、ソルダードの足元に収まると、そのまま反転してシュート。ボールはゴールに吸い込まれた。

 リードを許したエイバルは、サイド攻撃を果敢に仕掛け、クロスを供給するが得点に繋がらない。

 すると83分、ビジャレアルはCKのセカンドボールを拾ったマヌエル・トリゲロスが左足のミドルシュートを放った。しかしこれは枠の左へ外れる。

 さらにビジャレアルは87分、途中出場のレオ・バチストンが自陣からドリブル突破。最後は左サイドからクロスを上げたが、これはGKが飛び出してボールをキャッチした。

 エイバルは後半アディショナルタイム2分、エリア内でボールを受けたボルハ・バストンが反転し、右足のシュートを放つが、DFがブロック。得点を奪うことはできなかった。

 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、ビジャレアルが逆転勝利を収めた。エイバルはこれで7試合連続で白星無しとなった。なお、乾は63分までプレーしている。

 次節、エイバルは敵地でレアル・マドリードと、ビジャレアルはホームでヘタフェと対戦する。

【スコア】
エイバル 1-2 ビジャレアル

【得点者】
1-0 22分 アンデル・カパ(エイバル)
1-1 35分 アドリアン・ロペス(ビジャレアル)
1-2 50分 ロベルト・ソルダード(ビジャレアル)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA