2016.04.02

クラシコに臨む両雄、PKに不安?…バルサ“MSN”は失敗率4割超

メッシ、スアレス、ネイマール
今季、3人で計7本のPKを失敗している“MSN” [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが誇る3トップ、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールが構成する“MSN”は今シーズンもゴールを量産しているが、意外なことにPK失敗が多い。スペイン紙『アス』がデータを伝えている。

“MSN”はリーガ・エスパニョーラ第30節終了時点で計69ゴールを記録するなど、驚異の得点力を示している。しかし同紙によると3選手は今シーズン、合計16本のPKを蹴っているが、7本を失敗。失敗率は43.75パーセントとなっている。失敗の内訳はメッシが3本、ネイマールとスアレスが2本ずつだ。

 4月2日に行われるリーガ・エスパニョーラ第31節で、バルセロナはホームでの“エル・クラシコ”レアル・マドリード戦を迎える。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドもPK失敗に苦しみ、最近1カ月の公式戦で4本中3本を外している。同選手はキャリア通算で108本のPKを蹴り、90本を成功させている。成功率は83.4パーセントだ。レアル・マドリードでは75本中65本を成功させており、成功率は86.7パーセントとなっている。

 仮に“クラシコ”でバルセロナがPKを得た場合、キッカーを務めるのはどの選手だろうか。またレアル・マドリードにPKが与えられた時、最近の成功率が低いC・ロナウドはしっかりと成功できるだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
トッテナム
11pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る