2016.02.12

ベイル、カカ、ロッベン…レアルで負傷多発の10選手を地元紙が列挙

ロッベン、ベイル、カカ
スペイン紙がレアルで負傷続きの10選手を列挙 [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 12日付のスペイン紙『アス』が、レアル・マドリード加入後に度重なる負傷に苦しめられた選手たちを列挙。「負傷続きの10人」との見出しで、10選手が紹介されている。

 現所属選手で唯一“選出”されたのは、ウェールズ代表MFギャレス・ベイル。1月17日の第20節スポルティング・ヒホン戦で負傷し、3週間の離脱が発表された同選手について『アス』は、「レアル・マドリード加入後、6回目の負傷」と伝えている。

 12日付のスペイン紙『アス』に「レアル・マドリード加入後に負傷を繰り返した選手」として紹介されたのは、下記の10選手。同紙は各選手について寸評を掲載している。

ギャレス・ベイル(ウェールズ代表MF/2014年から所属)
「移籍金。25日前に右ヒラメ筋損傷を負った。レアル・マドリード加入以来6回目の負傷だった」

■ファビオ・コエントラン(ポルトガル代表DF/2011年加入で4シーズンプレー、現在はモナコにレンタル移籍中)
「移籍金3000万ユーロ。4シーズンのプレーで15回の負傷に苦しみ、計312日間の離脱を強いられた。サッカー以外の出来事で主役を務めるようになり、2012年3月の誕生日パーティーで喫煙疑惑が持ち上がり、2013年の練習では1時間の遅刻をした」

ヌリ・シャヒン(トルコ代表MF/2011年加入で1シーズンプレー、現在はドルトムント所属)
「移籍金1000万ユーロ。2011年4月15日にドルトムントで右足首を負傷した後、5月にレアル・マドリードとの契約にサインした。最初の練習で左ひざを負傷し、戦列復帰まで116日間を要した」

■カカ(ブラジル代表MF/2009年加入で4シーズンプレー、現在はオーランド・シティ所属)
「移籍金6700万ユーロ。グロインペイン症候群を抱えた状態で加入した。2010年には半月板損傷をクラブに隠したまま、ワールドカップに出場した。レアル・マドリード在籍中の出場時間は最大値の33パーセントにとどまった」

■ハミト・アルティントップ(トルコ代表MF/2011年加入で1シーズンプレー、現在はガラタサライ所属)
「移籍金なし。バイエルンからフリートランスファーで2011年5月に加入し、4年契約を結んだが、6月に椎間板の手術を受けた。12試合、613分の出場にとどまった(最大値の12パーセント)」

アリエン・ロッベン(オランダ代表MF/2007年加入で2シーズンプレー、現在はバイエルン所属)
「移籍金3600万ユーロ。2007年8月に加入したが、在籍2シーズンは負傷が目立った。筋肉系のケガを10回繰り返し、出場機会は最大値の50パーセント未満にとどまった。2009年夏に移籍金2500万ユーロでバイエルンへ売却された」

■クリストフ・メッツェルダー(元ドイツ代表DF/2007年加入で3シーズンプレー、2013年に現役引退)
「移籍金なし。ドルトムントとの契約を終えて2007年にフリートランスファーで加入した。レアル・マドリードでは3シーズンに渡ってプレーしたが、度重なる筋肉系の負傷により、31試合出場にとどまった」

■ジョナサン・ウッドゲイト(元イングランド代表DF/2004年加入で2シーズンプレー、現在はミドルスブラ所属)
「移籍金2000万ユーロ。加入1年目は負傷で出場なしに終わった。2年目は14試合に出場したが、在籍2シーズンで出場時間は889分(最大値の19パーセント)にとどまり、452日間の離脱を強いられた」。

■ロベルト・プロシネチキ(元クロアチア代表MF/1991年加入で、2004年に現役引退)
「移籍金270万ユーロ。在籍3シーズンで11回の負傷に苦しみ、加入1年目は3試合出場にとどまった。以降2シーズンでは1年目よりは多くの出場機会を得たが、成功することはできなかった」

■エルヴィル・バリッチ(元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FW/1999年加入で1シーズンプレー、2008年に現役引退)
「移籍金2100万ユーロ。深刻な足首のケガに苦しみ、11試合出場1得点にとどまった。自身をスペインへ連れてきたジョン・トシャック監督が退団し、ビセンテ・デル・ボスケ監督が就任した影響も受けた。2回の手術と離婚も経験した」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング