FOLLOW US

古巣対決を迎えるバルサMFアルダ「前からこの試合の事が頭にあった」

アトレティコからバルセロナに加入したMFアルダ [写真]=Getty Images

 30日のリーガ・エスパニョーラ第22節で、勝ち点で並ぶ首位バルセロナと2位アトレティコ・マドリードが激突する頂上対決が行われる。

 バルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われるこの一戦。多くのスター選手を抱える両チームだが、その中でも特に大きな注目を浴びているのが、今回が古巣アトレティコ・マドリードとの初めての対戦となるバルセロナのトルコ代表MFアルダ・トゥランだろう。

 試合が行われる30日に奇しくも29歳の誕生日を迎えるアルダは、自身にとって特別な一番に向けた深い思い入れを披露した。

「かなり前からこの試合の事が頭にあった。自分の誕生日にアトレティコ・マドリード相手にプレーをする。試合前後はもの凄く緊張するだろうけれども、ピッチに立っている時はそうはならないはずだ。個人的には試合を満喫できることだけを願っている。そのうえで勝利を収めることができれば、大きなプレゼントだ」

 バルセロナではアトレティコ・マドリードの特徴を誰よりも知るアルダは、実感を込めながら今回の一戦の難しさを説明した。

アトレティコ・マドリードは世界中からリスペクトされるべきチームだ。ここ数シーズンの間に多くの選手が入れ替わったが、プレーのシステムやアイデアは全く不変だ。当然ながら簡単な相手ではないので、困難な試合になるだろう。勝利を掴むためには、最高のパフォーマンスを披露しなければならない」

 アルダはその一方で、「アトレティコ・マドリードに対しては、強い敬意を払っているし大きな成功を願っている」としながらも、「バルセロナが全ての試合で勝利を収められるようプレーしている」との強い意志を表した。

「僕はもうバルセロナの選手だ。今はチームの一員であることを実感できている。フィジカル面もメンタル面もとても良いし、今後もチームの目標達成のために持てる力の全てを出して行きたい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO