2016.01.25

プロデビュー前、当時17歳のメッシ…エスパニョール移籍目前だった

メッシ
エスパニョール移籍目前だったというメッシ(写真左は17歳での初ゴール後) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、プロデビュー前の17歳の時、エスパニョールへの移籍目前まで迫っていたことが判明した。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。

 1987年生まれのメッシがバルセロナの下部組織に加入したのは2001年。以降、スペインでトレーニングを重ねたメッシは、2004-05シーズンに当時17歳でリーガ・エスパニョーラ初出場を果たした。2005年5月1日の第34節アルバセテ戦では、当時のクラブ史上最年少ゴールを挙げている。

 17歳の若さでトップチームでのキャリアをスタートさせたメッシだが、2004-05シーズン開幕前、エスパニョールへの移籍が目前に迫っていた。報道によると、現トッテナム指揮官で元アルゼンチン代表DFのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が「メッシは17歳の時、エスパニョール移籍のサインをする直前まで迫っていたんだ。結局、実現しなかったけどね」と明かしたという。

「移籍実現まで、ほんの数センチメートルのところまで迫っていたんだよ。信じられないかもしれないけど、これは事実だ」

 ポチェッティーノ監督は当時、エスパニョールに所属。メッシの移籍が実現していた場合、アルゼンチン代表の後輩でもあるメッシとともにプレーしていたことになる。ポチェッティーノ監督は「こういうことは、フットボールの世界では日常的に起きるものだ」と、成立寸前での移籍破談を称している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング