FOLLOW US

バルサ、2016年初の“MSN”共演…スアレスのハットなどで6発大勝飾る

共演を果たしたメッシ(中央)とネイマール(右) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第20節が17日に行われ、バルセロナとアスレティック・ビルバオが対戦した。

 首位のアトレティコ・マドリードを勝点2差で追うバルセロナは、前節のグラナダ戦でエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハットトリックを達成。4-0で勝利を収め、ピッタリとアトレティコ・マドリードを追走している。今節対戦するアスレティック・ビルバオは、20日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でも対戦するため、ここでしっかりと勝って勢いをつけたいところだ。なお、試合前には自身5度目のFIFAバロンドールを獲得したメッシが、トロフィーをファンに向けて披露した。

 この試合で最初にチャンスを迎えたのはアスレティック・ビルバオ。2分、敵陣左サイド深い位置でイニャキ・ウィリアムスがジェラール・ピケにプレッシャーをかけると、ピケのバックパスが中途半端になってイケル・ムニアインに奪われる。ムニアインは中央のハビエル・エラソにつないだが、エラソはすぐにシュートまで持ち込めず、ターンして無理な体勢から放ったシュートは枠の上に外れてしまった。

 今度はバルセロナが相手のミスからチャンスを作る。4分、ハビエル・エチャイタが自陣エリア手前でルイス・スアレスにボールを奪われると、GKゴルカ・イライソスがスアレスを倒してしまう。イライソスは決定機阻止で退場となり、バルセロナにPKが与えられた。アスレティック・ビルバオはムニアインを下げてGKイアゴ・エレリンを投入した。キッカーのメッシがこれをゴール右に蹴ると、エレリンは反応したもののネットを揺らし、バルセロナが先制に成功した。

 続く15分、左サイドのアンドレス・イニエスタがエリア内に浮き球のパスを入れると、イヴァン・ラキティッチがダイレクトで落とし、エリア手前のスアレスが右足シュート。しかし、ここは枠の右に外れてしまった。

 リードを許したアスレティック・ビルバオも反撃に出る。16分、オスカル・デ・マルコスが右サイドを突破。ジョルディ・アルバをかわしてエリア内右に進入し、GKと一対一になったが、GKクラウディオ・ブラボが飛び出して防いだ。

 バルセロナはエリア手前で相手DFのクリアボールを拾ったネイマールがドリブルで相手DFをかわし、右足シュートまで持ち込んだ。しかし、ここはGKエレリンが体を張って阻止した。

 続く31分、カウンターからパスを受けたスアレスが左サイドでフリーになっていたネイマールへパス。エリア内左に持ち込んだネイマールがゴール右下にシュートを沈め、追加点を奪った。

 その後も攻勢を続けるバルセロナ。41分、エリア手前でFKを獲得すると、メッシが左足で直接シュート。壁の外からゴールを狙ったが、ボールは曲がりきらずに枠の左に外れた。このままバルセロナが2点をリードして前半を終えた。

 バルセロナはハーフタイムにメッシを下げてアルダ・トゥランを投入した。すると47分、エリア手前でスアレスがネイマールとワンツー。エリア内左に抜け出し、右足シュートを放つ。これがゴールネットを揺らし、バルセロナがさらにリードを広げた。この日は第13節のレアル・ソシエダ戦以来7試合ぶりに“MSN”の3トップ全員に得点が生まれる格好になった。

 こうなると試合の流れは完全にバルセロナへ傾く。62分、左サイドを突破したネイマールのお膳立てからラキティッチが追加点を挙げると、68分にはスアレスがこの試合2点目を奪った。完全に試合を決めたバルセロナは、82分にスアレスがハットトリックとなるこの試合3点目を奪取。大量6ゴールを奪い、アスレティック・ビルバオを下した。これでバルセロナはリーグ戦2連勝。2試合で10ゴールを奪うなど、攻撃陣が再び爆発する形となった。

 次節、バルセロナは敵地でマラガと、アスレティック・ビルバオはホームでMF乾貴士が所属するエイバルと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 6-0 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
1-0 7分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ
2-0 31分 ネイマールバルセロナ
3-0 47分 ルイス・スアレスバルセロナ
4-0 62分 イヴァン・ラキティッチバルセロナ
5-0 68分 ルイス・スアレスバルセロナ
6-0 82分 ルイス・スアレスバルセロナ



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO