FOLLOW US

「歴史は日本から」と現地紙絶賛の乾、得点は「妻と息子に捧げる」

2016.01.11

エスパニョール戦でゴールを決め、喜ぶ乾 [写真]=ムツ カワモリ

 10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節で、MF乾貴士の所属するエイバルはエスパニョールを2-1で下し、シーズン前半戦を6位で終えた。

 2試合連続の先発出場を遂げた乾は15分、左サイドからドリブルでペナルティエリア内左に侵入し、思い切り良く右足を振り抜く。シュートは綺麗な弧を描きゴール右上隅に突き刺さり、リーガで移籍後初ゴールは貴重な先制点となった。直後に同点とされたものの、73分にも乾がドリブルで仕掛け、エリア内でファウルを誘発。これで得たPKをFWボルハ・バストンがゴールしっかりと決め、逆転勝利を手にした。

 試合後、スペイン紙『マルカ』は「エイバルの歴史は日本から」というタイトルで採点記事を公開。「日本の乾がスペインでのベストパフォーマンスを披露し、30ポイントというエイバルの歴史的躍進の前半戦を締めくくった」と称賛し、単独最高点の「8」(10点満点)と採点した。

 また、エイバルはクラブ公式ツイッターに乾のコメントを投稿。「得点を決めることができてとても嬉しく、幸せに思います。このゴールは今日エイバルに来ていた妻と息子に捧げたいです」と喜びを口にしている。

 エイバルは、13日に行われるコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグでラス・パルマスと、18日に行われる次節でグラナダと対戦する。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO