2015.12.31

乾に出番は訪れず…エイバルが2ゴール快勝で6試合ぶりの白星

サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第17節が30日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとスポルティング・ヒホンが対戦した。乾は4試合連続のベンチスタートとなった。

 エイバルは前節のデポルティーボ戦を0-2で落とし、5試合勝ちなしが続いている。順位も第11節終了時の6位から下がり続けて現在は10位。今節はホームで白星を収め、2016年を迎えたいところだ。一方、現在16位のスポルティング・ヒホンは第16節の相手であるバルセロナがFIFAクラブワールドカップ2015に出場していたため、18日ぶりのリーグ戦となった。

 この試合で最初にチャンスを迎えたのはエイバル。21分、左サイドでリージョが倒されてFKを獲得する。これをサウール・ベルホンが直接狙ったが、ボールはクロスバーの上に外れてしまった。

 一方のスポルティング・ヒホンもサイド攻撃からゴールに迫る。エリア手前右でボールを持ったダニエル・ヌディがオーバーラップしたアルベルト・ロラへパス。ロラの折り返しをアレン・ハリロヴィッチがダイレクトで狙ったが、ここは枠の右上に外れてしまった。

 エイバルは32分に相手ゴールを脅かす。左サイドのS・ベルホンからエリア手前左でパスを受けたボルハ・バストンが右足ミドルシュート。低い弾道のボールが枠を捉えたが、ここはGKイバン・クエジャルがなんとか弾き返した。このまま0-0で前半が終了した。

 後半立ち上がりに先手を取ったのはホームのエイバル。55分、左サイドのシモーネ・ヴェルディがクロスを上げると、これを相手DFが触ってコースが変わる。ボールはエリア内やや右にいたケコの足下に転がり、ケコは落ち着いて右足シュート。これがゴール左下に決まり、エイバルが先制に成功した。

 続く62分、S・ベルホンがエリア手前でボールを持つと、エリア内で相手DFの裏を取ったB・バストンへスルーパスを送る。B・バストンがこれをゴール左下に流し込み、エイバルがリードを2点に広げた。

 エイバルは76分にダニエル・ガルシアを下げ、アドリアン・ゴンサレスを投入した。一方、2点を追うスポルティング・ヒホンは79分にロラを下げてアレックス・バレーラを投入した。直後の81分、スポルティング・ヒホンは左サイドでボールを持った途中出場のカルロス・カストロが中央へ折り返すと、ヌディがダイレクトシュート。しかし、ボールはわずかに枠の左上に外れてしまった。

 83分、エイバルはカウンターから左サイドをS・ベルホンが突破し、グラウンダーのクロスを供給。ヴェルディがこれを合わせて3点目かと思われたが、ここはオフサイドの判定で追加点には至らなかった。このままエイバルが2-0でスポルティング・ヒホンを下し、6試合ぶりの白星を収めた。なお、乾は6試合ぶりに出番がなかった。

 次節、エイバルは敵地でベティスと、スポルティング・ヒホンはホームでヘタフェと対戦する。

【スコア】
エイバル 2-0 スポルティング・ヒホン

【得点者】
1-0 55分 ケコ(エイバル)
2-0 62分 ボルハ・バストン(エイバル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る