2015.12.23

元スペイン代表FWミチュ、兄が率いるスペイン4部チームに入団

ミチュ
昨年はナポリにレンタル移籍していたミチュ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元スペイン代表FWミチュが、兄のエルナン・ペレス監督率いるスペイン4部リーグのラングレオに加入することになった。イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』など複数メディアが21日付で報じている。

 昨年11月にスウォンジーとの契約を満了し、フリートランスファーの状態になっていた29歳のミチュ。プレシーズンからラングレオの練習に参加していた同選手は、移籍市場が解禁する来年1月4日にラングレオへ入団することになった。

 ラングレオのクラブ公式サイトは、「ラングレオはストライカーのミゲル・ペレス・クエスタことミチュと正式に契約合意に至った。移籍市場が解禁次第、このオビエド出身の選手はスウォンジーからフリーでラングレオに加入する。彼は元所属クラブの許可を取ってプレシーズンからクラブのトレーニングに参加していた。エルナン監督の下、1月4日からチームに合流し公式戦に出場することになる」と発表している。

 2012年にラーヨ・バジェカーノからスウォンジー・シティに加入したミチュは、2012-13シーズンに公式戦43試合に出場し23ゴールを記録。華々しいデビューを飾った同選手はスウォンジーの年間最優秀選手に選出され、スペイン代表にも招集されていた。

 しかし、足首のケガの再発に悩んだミチュは2013-14シーズンは公式戦でわずか6得点に終わり、期限付き移籍先のナポリでも5試合の出場に留まっていた。その後、スウォンジーとの契約更新ができなかったミチュは引退を検討していたものの、兄の助力もありスペイン4部リーグで3位に位置するラングレオでプレーすることを決断したようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング