FOLLOW US

長谷川アーリア所属のリーガ2部サラゴサ、ポポヴィッチ監督と契約解消

サラゴサを率いていたポポヴィッチ氏 [写真]=Getty Images Europe

 リーガ・エスパニョーラ2部のサラゴサは20日、ランコ・ポポヴィッチ監督と契約解消で合意に至ったと、クラブ公式サイトで発表した。

 現在48歳のポポヴィッチ氏は、2009年に大分トリニータの監督に就任しJリーグで初指揮。2011年にFC町田ゼルビア、2012年からFC東京を率いて、2014年からはセレッソ大阪の監督を務めていた。しかしチームの低迷が続くと、同年6月に解任。その後、同年11月にサラゴサの指揮官に就任していた。2015年7月には、FC東京とC大阪で指導したMF長谷川アーリアジャスールを獲得。今シーズンのリーグ戦は第18節終了時点で、7勝6分け5敗の6位につけていた。

 なお、コーチのヴラディッツァ・グルイッチ氏とスポーツディレクター(SD)のアンヘル・マルティン・ゴンサレス氏の退任も決定。SDの後任は、ナルシソ・フリア氏が就任することも発表された。現役時代にサラゴサでプレーし、引退後にコーチも務めていたフリア氏は、バルセロナで元スポーツディレクターのアンドニ・スビサレッタ氏のアシスタントも務めていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA