2015.12.12

【プレビュー】EL連覇のチャンスを得たセビージャ、ヒホンを迎え撃つ

ケヴィン・ガメイロ カルロス・カストロ
活躍が期待されるガメイロ(左)とC・カストロ(右) [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 セビージャはこの1週間、リーガ・エスパニョーラではアウェイでデポルティーボとドロー(1-1)に終わったものの、チャンピオンズリーグ(CL)ではホームでユヴェントスに勝利(1-0)した。この結果、通算5勝4分5敗なったリーガでは10位をキープするに止まったが、すでに敗退が決まっていたCLのグループステージでは通算2勝4敗として4位から3位に浮上し、ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに回り大会3連覇のチャンスを得る形となった。

 これに対し、スポルティング・ヒホンは前節、ホームでラス・パルマスに勝利(3-1)し、公式戦の連敗を4試合でストップした。この結果、通算4勝3分7敗としたチームは、順位を16位から14位に上げるとともに、降格圏内近辺で並ぶ17位マラガ、18位グラナダ、19位レバンテに4ポイント差を付けることに成功した。

 セビージャは今節、デポルティーボ戦で同点ゴールを決めたMFビセンテ・イボーラが出場停止となるうえ、プレータイムがかさんでいる主力の疲労蓄積も気になるが、現時点でのベストメンバーで臨むと見込まれている。その中では、ここ3試合ゴールの無いFWケヴィン・ガメイロには、ユヴェントス戦で決勝ゴールを挙げたFWフェルナンド・ジョレンテとのポジション争いが激化しつつあるだけに、レギュラーとしての意地に期待したい。

 対するスポルティング・ヒホンは今節、前節ハットトリックを達成したFWトニー・サナブリアの出場が危ぶまれており、欠場となれば大きな戦力ダウンとなる。その場合、代わりを務めることになるFWカルロス・カストロには、途中出場からゴールを決めた前々節のような働きが求められる。

 セビージャがホームでスポルティング・ヒホンを圧倒する展開が予想される一戦だが、両チームのワントップの出来が勝負を左右する可能性もありそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る