2015.12.09

バルサDFヴェルマーレン「L・エンリケ監督はヴェンゲル監督に似ている」

ヴェルマーレン
バルセロナでプレーするヴェルマーレン [写真]=VI Images via Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンは7日、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトとのインタビューで自身やチームの現況についてコメントした。

 移籍初年度の昨シーズンは故障により殆どの期間を棒に振ったヴェルマーレンだが、2年目の今シーズンは強い手応えがあることを説明した。

「昨シーズンは本当に難しかった。長期間の負傷がピッチ上だけでなくあらゆる面で堪えた。新しいクラブにも新しい街にも適応するのに苦労した。しかし、今シーズンは完全に異なる。何よりもチームメイトとともにプレシーズンをスタートできたのは、選手にとって非常に重要なことだ。今はチームの一員であることを一段と実感しているし、フィジカル面の状態も良いので、持てる力を出し切れると思っている」

 現在、リーガ・エスパニョーラで首位を走っているバルセロナ。徐々に調子を上げてきたチームは、先月21日に行われた第12節クラシコでは宿敵レアル・マドリードをアウェーで4-0と粉砕したことで完璧に自信を深めたと、ヴェルマーレンは実感しているという。

「シーズン序盤の僕たちは周囲を大いに納得させられる程のレベルにはなかった。だが、レアル・マドリード戦はまさしくスペクタクルだった。僕らは今、自分たちの最高のフットボールを展開しており、そのことによりチームは自信に満ち溢れている」

 一方、ルイス・エンリケ監督について質問されたヴェルマーレンは、アーセナル時代に指導を受けたアーセン・ヴェンゲル監督と似ているとの見解を示した。

「エンリケ監督は非常に優秀な指揮官だ。そのことを考えると、ヴェンゲル監督にとても似ていると思わずにはいられない。とりわけ戦術面においては、ロングボールを使わずに後方からしっかりと組み立てるところなど、コンセプトは極めて近い。また、好む選手のタイプも似通っていると思う。もちろん、どの監督も自身ならではの特徴をそれぞれ持っているが、細かい部分を除けば2人の間に大きな差異はない」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング