2015.12.08

過去と現在の違いを嘆くベイル「今の僕はトッテナムにいた僕ではない」

ベイル
レアル・マドリードに所属するMFベイル [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表MFギャレス・ベイルが、現在の自分はトッテナムに在籍していた時の自分とは違っていると明かした。7日付のイギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が報じている。

 2013年の夏にトッテナムから1億ユーロ(約133億8000万円)とも言われる巨額の移籍金でレアル・マドリードに移籍したギャレス・ベイル。移籍から2年半が経ち、最近ではレアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観客から頻繁に批判を浴びるなど、芳しくないパフォーマンスが続いている。

 また、近年ではチームメイトであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの不仲も噂されるようになり、クラブの中での立場についても疑問視されている状況にある。

 ベイルは自身の現在の状況について、「今の僕はトッテナムにいたギャレス・ベイルではないよ。どうしてだか僕には分からない。リーガ・エスパニョーラは、プレミアリーグとは違う。そこには違ったスタイルのサッカーがある。そして、それがおそらく背後にあると思う」と話し、スペインサッカーへの適応が上手くいっていないことを認めた。

 C・ロナウドとの関係を問われると、「我々は非常に上手くやっているよ。多くの噂が流れているが、そこには何の真実もない。彼は世界でもベストプレーヤーの一人だ。そうだろう? それは個々の決断に依存するものではあるが、彼は現在最高の選手だ」と答え、同選手を世界最高のプレーヤーと認め、不仲説を否定した。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング