FOLLOW US

リーガ85シーズンでPKは約6500本…最も多く獲得したチームは?

11月のバルセロナ戦に臨んだ」レアル・マドリード [写真]=Getty Images

 1928年から始まったリーガ・エスパニョーラの85シーズンで最も多くPKを獲得したチームはレアル・マドリードであることが明らかになった。6日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 スペインフットボール歴史分析研究センター(CIHEFE)の発表によれば、1928-29シーズンから今シーズンの第11節までの間にリーガ・エスパニョーラでは6,514本のPKが蹴られ、そのうち4,830本(74.15パーセント)が成功し、1,684本(25.85パーセント)が失敗に終わっている。またホームチームに与えられたPKは65.15パーセントで、アウェーチームは34.85パーセントだった。

 最もPKを蹴っているチームはレアル・マドリードで487本。レアル・マドリードの次に多いのはバルセロナで460本、3番目はアトレティコ・マドリードで437本、バレンシアが414本、アスレティック・ビルバオが373本という順になっている。一方、最もPKを相手チームに蹴られたのはバレンシアで360本。2番目はエスパニョールで358本、次にアスレティック・ビルバオで342本、バルセロナで332本と続いている。PKを最も蹴っているレアル・マドリードは、PKを対戦相手に蹴られた回数は267本と9番目に多くPKを受けたチームとなっている。

 PK数が最も多いスタジアムはバレンシアの本拠地メスタージャで429本、1試合に最もPKが多く吹かれた試合は1996年5月19日オビエド対バジャドリード戦で6度もPK(2回がオビエド、4回がバジャドリード)の笛が吹かれた。ちなみにその試合は3-8でバジャドリードが勝利している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO