FOLLOW US

【プレビュー】復調のセビージャが好調デポルティーボと激突

第14節で対戦するデポルティーボ(上)とセビージャ(下) [写真]=Getty Images

 セビージャはこの1週間、リーガではホームでバレンシアに勝利(1-0)すると、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ではアウェーで3部のUDログロニェスに快勝(3-0)した。この結果、通算5勝3分5敗として五分の星に戻したリーガでは11位から10位に浮上し、コパ・デル・レイでは5回戦進出を手中に収めた。

 2試合連続完封勝利で波に乗りたいチームは、今節はログロニェス戦で休養を与えられた元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ、スペイン代表MFビトーロ、アルゼンチン代表MFエベル・バネガ、ポーランド代表MFグジェゴシ・クリホヴァイク、DFラミがスタメンに戻る見込みだが、グループ3位に浮上するためには勝利が絶対条件となるチャンピオンズリーグ(CL)のユヴェントス戦を見据え、一部主力が温存される可能性も十分に考えられる。

 これに対し、デポルティーボはアウェーでの連戦となったこの1週間、リーガではラス・パルマスに完封勝ち(2-0)すると、コパ・デル・レイでは2部のリャゴステーラに貫録勝ち(2-1)した。この結果、通算5勝6分2敗としたリーガでは8位から5位に浮上し、コパ・デル・レイでは5回戦進出に大きく前進した。

 近年はどちらかと言うと守備陣の踏ん張りが目立ったデポルティーボだが、今シーズンはここまで9ゴールを挙げて得点ランキングで4位に着けるFWルーカス・ペレスを中心とした攻撃陣が鋭さを見せている。ホームに戻っての今節は、全てのポジションでローテーションを採用したリャゴステーラ戦から主力がこぞってスタメンに復帰するため、好パフォーマンスが期待できるだろう。

昨シーズンまではセビージャがデポルティーボを圧倒してきた両チーム。だが今シーズンは、実績や戦力ではセビージャに分があるものの、順位や調子ではデポルティーボが上回っているだけに、これまでにない熱戦が見られることになりそうだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA