2015.11.22

バルサが圧巻のゴールショーでクラシコ制す…メッシ2カ月ぶり出場

スアレス
先制点を決めたスアレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 21日に開催されたリーガ・エスパニョーラ第12節で、レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦“クラシコ”が行われた。

 公式戦では231回目となった今回の“クラシコ”。首位バルセロナと2位レアル・マドリードとの勝ち点差は3で、この試合の結果はリーグ優勝の行方を大きく左右することになる。

 レアル・マドリードは開幕から続出してきた負傷者が大方戦列に復帰。先発メンバーはGKにケイロル・ナバス、DFはダニーロ、ラファエル・ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ。中盤にトニ・クロース、ルカ・モドリッチ、ハメス・ロドリゲスが入り、3トップはギャレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマとなった。

 一方、バルセロナはエースのリオネル・メッシがいよいよ戦列に戻り、約2カ月ぶりのベンチ入り。GKクラウディオ・ブラーボ、DFはダニエウ・アウヴェス、ジェラール・ピケ、ハビエル・マスチェラーノ、ジョルディ・アルバ。中盤はセルヒオ・ブスケツ、イヴァン・ラキティッチ、アンドレス・イニエスタの3名で、3トップにセルジ・ロベルト、ネイマール、ルイス・スアレスが入った。

 最初にチャンスを作ったのはバルセロナ。7分、左サイドのJ・アルバがエリア内にグラウンダーのパスを送ると、ゴール前のスアレスがヒールパス。これを受けたネイマールが右足シュートを放ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 続く10分、中盤でブスケツからボールを受けたS・ロベルトがドリブルでエリア手前まで持ち込む。S・ロベルトがスルーパスを送ると、エリア内右でボールを受けたスアレスが右足アウトサイドでシュート。これがゴール左下に決まり、バルセロナが先制に成功した。

 その後もバルセロナが試合を支配する。24分、エリア手前左でFKのチャンスを得ると、ネイマールが直接狙ったが、ここはK・ナバスがキャッチ。続く25分にS・ロベルトがチャンスを迎えたが、シュートは枠の上に外れてしまった。

 28分、バルセロナにアクシデントが発生する。足を痛めたマスチェラーノが負傷交代となり、ジェレミー・マチューが緊急投入される。直後のプレーでレアル・マドリードがチャンスを作ると、モドリッチからパスを受けたJ・ロドリゲスがエリア右から左足シュート。しかし、ここはGKブラーボが横っ飛びで防いだ。

 さらに38分、右サイドでパスを受けたモドリッチが鋭いクロスを入れると、GKブラーボが触りきれず、ファーサイドのベンゼマにボールが渡る。しかし、ヘディングシュートはミートしきれず、ゴールを奪えない。

 直後の39分、再びスコアが動く。スアレスの守備からボールを奪ったバルセロナは、エリア手前でボールを持ったイニエスタが、エリア左のネイマールへスルーパス。抜けだしたネイマールがK・ナバスの脇下を抜くシュートを決め、リードを2点に広げた。

 前半の最後まで攻撃を続けるバルセロナ。前半アディショナルタイム2分、スアレスとのワンツーでエリア内左に抜けだしたネイマールがマイナスの折り返し。これをスアレスが右足で狙ったが、マルセロが頭でブロック。こぼれ球を拾ったラキティッチのシュートもヴァランがブロックしてなんとかピンチを切り抜けた。このまま2-0でバルセロナがリードして前半終了を迎える。

 後半立ち上がりの47分、レアル・マドリードがチャンスを迎える。左サイドでボールを奪ったマルセロが単独で突破。エリア内左から左足シュートを放ったが、ここは枠の左に外れた。さらに49分、エリア手前でベイルからパスを受けたJ・ロドリゲスが左足で強烈なシュート。しかし、ここはGKブラーボのビッグセーブに防がれてしまった。

 一方のバルセロナは52分、エリア手間でS・ロベルトが倒され、FKを獲得する。キッカーのネイマールが直接狙ったが、ここはK・ナバスがなんとかCKに逃げた。直後の53分、エリア手前でボールを持ったイニエスタがエリア内中央に走り込んだネイマールへパス。ネイマールがヒールで落とすと、走りこんだイニエスタが右足シュート。ボールはゴール右上に決まり、バルセロナが3-0と大差をつけた。

 厳しい状況に立たされたレアル・マドリード。55分にJ・ロドリゲスを下げてイスコを投入し、流れを変えに出る。バルセロナは56分にラキティッチを下げ、メッシを投入した。

 66分、メッシが前線のスアレスへ浮き玉のパスを送ると、スアレスがネイマールへつなぎ、ネイマールのヒールパスからメッシがシュート。しかし、ここは相手DFのブロックにあった。

 ここまでチャンスに絡めなかったC・ロナウドが決定機を迎える。69分、カウンターからベイルが右サイドでドリブルを仕掛けると、ゴール前のC・ロナウドへアウトサイドパス。フリーで受けたC・ロナウドが右足でダイレクトシュートを放ったが、ここはGKブラーボが左手一本でセーブ。最大の決定機を逃してしまった。

 攻撃の手を緩めないバルセロナ。74分、中盤でボールを持ったメッシがJ・アルバへタテパスを入れると、ネイマールからパスを受けたスアレスがGKとの一対一を落ち着いてゴール左下に決め、スコアを4-0とした。

 大差をつけられたレアル・マドリードは、80分に途中出場のダニエル・カルバハルが上げたクロスからベンゼマがヘディングシュート。しかし、ここもブラーボのビッグセーブに防がれ、ゴールを奪えない。

 このままバルセロナが4-0でレアル・マドリードを下し、5連勝で首位をキープした。一方、レアル・マドリードは前節のセビージャ戦に続く連敗となった。

 次節、レアル・マドリードは敵地でMF乾貴士が所属するエイバルと、バルセロナはホームでレアル・ソシエダと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 0-4 バルセロナ

【得点者】
0-1 11分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
0-2 39分 ネイマール(バルセロナ)
0-3 53分 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
0-4 74分 ルイス・スアレス(バルセロナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る