2015.11.17

21日開催のクラシコ…現所属選手で最多出場はバルサMFイニエスタ

イニエスタ
バルセロナに所属するMFイニエスタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 21日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリード対バルセロナの“クラシコ”。両チームの現所属メンバーでこの伝統の一戦を最も多く経験しているのが、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 イニエスタが初めて“クラシコ”でプレーしたのは、2004年11月20日だった。イニエスタは負傷した元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーションに代わって、ピッチを踏んだ。スペイン代表GKイケル・カシージャス、元同代表MFシャビが退団した今、“クラシコ”に31試合出場しているイニエスタが現メンバーの中で、最も多くこのゲームをプレーしている。

 同選手に続くのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスで、両選手は30回“クラシコ”を戦っている。なお、歴代で最も多くこの対戦を経験したのは元レアル・マドリードのマヌエル・サンチス氏で43試合に出場した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る